チョロQ活劇(旧)

チョロQ(ホビー・ゲーム)/ビデオゲーム/ミニ四駆などをのんびり楽しむブログ・・・リンクはご自由に(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

実は持っていた「PCエンジン」

今でこそゲーム機戦争などで知られるNECのPCエンジンですが、

実家にファミコンと共にPCエンジンまでもあり、当時はすごいお金持ちだったんだなぁと実感ww

正確にはPCエンジン本体+CDドライブ+バックアップユニット(セーブデータに使う)ですが。

さらに当時超高価な「PCエンジンGT」もありましたwww

GTはセーブ出来ない、画素数足りないど欠点もありましたが、当時としてはカラー液晶は革新的であり、別売りのチューナーもあったので、地上波アナログテレビも観れましたよw

ただ単三電池6本ぐらい使って数時間しか持たなかった気がするwww

さらに画素数が少ないので文字が潰れ、パスワードがほぼ無理www

今は上記のNECマシン全て壊れてしまったので耐久性はシンプルな構造の任天堂ハードに劣るのが残念(´・ω・`)

そんなNECとハドソンのPCエンジンには「ボンバーマン」、「PC原人」、「イース1・2」、「天外魔境」、「悪魔城ドラキュラ」などなど名作もあり、現在ではバーチャルコンソールやゲームアーカイブスなどの配信サービスで遊べますねww


海外では「turbografx-16」という名前らしい。ターボグラフィックスって凄い名前だw
スポンサーサイト

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2013/05/03(金) 08:23:26|
  2. レトロゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの「スーパーボンバーマン3」

久しぶりに友達を呼んでスーパーファミコンの「スーパーボンバーマン3」(以下スパボン3)で遊んでみました。

任天堂Wii・バーチャルコンソールやPSストア・ゲームアーカイブスで配信されているPCエンジン「ボンバーマン'94」(以下'94)と違いスパボン3(というかスパボンシリーズ)はWiiなどには配信されてないですが、このスパボン3はウィキペディアにもある通りPCエンジンのボンバーマンシリーズの要素を取り入れた作品で、バトルゲームのBGMも'94のアレンジであり、'94の敵キャラや、味方キャラのルーイが出演したりしています。

95年に発売された本作は事実上の「ボンバーマン'95」とも言えなくもないかもしれません。

バトルゲームでは'94と違い、ボンバーマンにボイスが付いたり、「みそボン」(脱落者が場外から妨害できるルール)が出来たり、後発のこちらの方が楽しいかもしれません。

スパボン3では「ワールドボンバーズ」というキャラが登場し、普通のボンバーマンは日本代表として参戦し、キャラもアメリカやイギリス、中国など国籍も設定されいろいろ楽しく、COMプレイヤーもレベルだけでなく各キャラの設定ごとに戦います。'94のCOMプレイヤーはただ弱いだけでしたが。

"5656"などのパスワードでバトルゲームに追加ルールを設定出来たり、なかなか面白いです。

いや、わざわさスーファミ出して、クセでカセットにフーフーして(任天堂にダメと言われてもついやってしまうw)やるボンバーマンも面白いね~(´・ω・`)

ただスーパージョイカードという連射コン、持ってないんだよね~ステージ追加が出来るらしいけど。

普通のコントローラー3つとコナミの「必殺コマンドコントローラー」というカッコいい名前だけで買ったコントローラーしか無くて・・・(´・ω・`)

スパボン3の他にもPS3版の'94や、WiiのスマブラX、PS3のPSオールスターで対戦したけどどれも面白かったww


テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2013/04/30(火) 00:06:47|
  2. レトロゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。