チョロQ活劇(旧)

チョロQ(ホビー・ゲーム)/ビデオゲーム/ミニ四駆などをのんびり楽しむブログ・・・リンクはご自由に(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【2004】GBA「メトロイド ゼロミッション」レビュー・その2



こんばんは~(´・ω・`)よこよんです

今回は10年前に発売されたゲームボーイアドバンス用ソフトの「メトロイド ゼロミッション」のストーリー本編を軽く振り返りたいと思います。

前回の記事の通り、本作はファミコン・ディスクシステム版の「メトロイド」を大胆にリメイクし、さらにシナリオが追加された作品です。

前作「メトロイドフュージョン(以下、フュージョン)」の製作チームによるもので、画面やシステムは「フュージョン」を踏襲し、操作感も良好、そして「スーパーメトロイド(以下、スーパー)」を思わせるマップの雰囲気が特徴です。
さすがに当時の携帯機・アドバンスなのと、原作がファミコンの初代なのか、「スーパー」ほどのマップの広さや、ストーリーのボリュームさはありませんがそれでも良作であることは間違い無しだと思いますよ!

「ゼロミッション」本編に挑戦!

せっかくなので久しぶりに本編を遊んでみることに。難易度はノーマルでストーリーのみ簡単に振り返ります。

プロローグを簡単に説明すると、

惑星SR388で発見された未知の生命体「メトロイド」を運搬していた宇宙船がスペースパイレーツ(宇宙海賊)によって襲撃され「メトロイド」が奪われてしまった!
「メトロイド」はβ線を照射すると急激に増殖し、さらにあらゆる生物のエネルギーを吸収する危険な生命体。

・・・銀河連邦警察は「メトロイド」の殲滅及び、スペースパイレーツの要塞を管理する機械生命体「マザーブレイン」の撃破をバウンティハンター「サムス・アラン」に依頼、サムスは単身、パイレーツ達が潜む惑星ゼーベスに急行、果たしてこの作戦「ゼロミッション」を成功させる事が出来るのだろうか・・・?





ミッション開始、本作では惑星ゼーベスにかつてサムスが暮らしていた事が触れられている。


岩のエリア「ブリンスタ」。勿論ファミコン版のBGMのアレンジですよ。

まずはパワーアップしながらブリンスタと、火のエリア「ノルフェア」、地表エリア「クレテリア」を探索します。
クレテリアは「スーパー」にもありましたが、地形が大幅に変わり、さらに鳥人遺跡の一部まで存在しています。

そしてまずはブリンスタの深部、「クレイド」エリアを探索し、クレイドを撃破します。


クレイド戦は演出が「スーパー」にとても近いです。
左右逆ではありますが、なかなか良い感じのアレンジですねw
そしてBGMは「スーパー」のアレンジですよ!

クレイド撃破後は、アイテムを収集し、ノルフェアの深部「リドリー」エリアを探索します。

「リドリー」エリアでは、スペースパイレーツの最高司令官・リドリーとのバトルです。


リドリーといえばシリーズお馴染みの敵キャラですねw
しかもBGMがやはり「スーパー」のアレンジですw
本作では見た目こそ「スーパー」風の外見ですが、攻撃方法が多少異なります。

クレイドとリドリーを撃破すれば、メトロイドとマザーブレインがいる要塞エリア「ツーリアン」への道が開きます。


サムスがツーリアンに到着する頃、メトロイドによって要塞内のスペースパイレーツが全滅しています。
ファミコン版には居なかったこのパイレーツはゼーベス星人ですw
ちなみこのデモのBGMも「スーパー」のタイトル画面BGMのイントロです!

まずはメトロイドの殲滅。
ファミコン版と異なり、メトロイドを倒さなければハッチが開かず、先へ進む事が出来なくなっています。


メトロイドを殲滅し、いよいよマザーブレインと決戦!

今回はめんどい警備システムに加え、マザー本体からも攻撃して来ます。
スーパーミサイルを当ててやるゥゥ!


いよいよマザーを破壊!
・・・そしてお馴染みの自爆装置作動(笑)まあ、ご愛敬ということで・・・
BGMは「スーパー」や「フュージョン」のようなリドリー戦と同じBGMではなく、きちんとファミコン版のアレンジでなかなか良い感じ!


惑星ゼーベスから脱出、サムスは活動限界なのかこの時点でパワードスーツを解除しています。


しかし本作では、最悪のタイミングでパイレーツの残党に遭遇・・・!


振り切ろうとするもスターシップが撃墜され、

脱出失敗・・・(´・ω・`)再び惑星ゼーベスへ・・・



はたして、生きて帰れるのだろうか・・・
とりあえず、パイレーツのマザーシップ下部からスタートします。
鳥人遺跡「チョウゾディア」も隣接していますが、システム上、パイレーツマザーシップも「チョウゾディア」エリアに含まれています。


本作のパワードスーツ無しのサムスは、発売当時はまだ名前は無く、後に発売される「スマブラX」で"ゼロスーツサムス"と命名されたのは有名な話。


話を戻すと、基本はパイレーツ(ゼーベス星人)やレーザートラップ、サーチライトに出来るだけ見つからずに、マップ上のマザーシップ左側の鳥人遺跡「チョウゾディア」に向かいます。
つまり遺跡の奥までステルスアクションをしますw

操作感自体は変わらないが、攻撃も出来ず、ハンドガンで気絶させるだけですw
あのスマブラXと違いかなり弱いw

見つかった場合のBGMもこれまた「スーパー」のアレンジです。

特にゼーベス星人の攻撃力は高く、上手く振り切らないと、

あっという間に包囲され昇天してしまいます(´・ω・`)

素でゲームオーバー。ちなみにこの時のカーソルも"ゼロスーツ"だったりする。

遺跡の奥まで行くと、


サムスが惑星ゼーベスで暮らしていた幼い頃の記憶を思い出し「大軍神」の試練に挑みます。

ここも何度もゲームオーバーになってしまったw
何とか試練に打ち勝ち、

伝説のパワードスーツを取得し、

これまでの能力に加え、従来のスーツに対応しなかった能力も使えるようになった!
いよいよ反撃開始・・・と行きたい所ですが、それでもゼーベス星人の攻撃力は高く、特に黒いゼーベス星人は耐久力も高いため油断は禁物です。
マザーシップ内で、パワーボムを入手すれば、クレテリアやブリンスタなど全てのエリアの探索が可能となります。


そして、マザーシップ上部に向かい、最後のボス、メカリドリーを撃破します。


安心と信頼の自爆装置作動w
これもご愛敬と(略
急いでパイレーツのスターシップで脱出に向かいますが、黒いゼーベス星人が2体待ち構えているので気を付けて倒します。
後、スターシップで待ち伏せしている普通の赤いゼーベス星人にも注意w


そしていよいよ脱出、

ミッション成功!!お疲れ様です(´・ω・`)

スタッフロール後、大軍神の間には思い出の落書きが。ちなみに試練の場面でも確認出来ます。

今回は割とのんびりと遊んだのでバイザーだけしか取ってくれませんでした(´・ω・`)

とりあえず本編はこれでおしまい!

感想など
やはり、「フュージョン」というより寧ろ「スーパー」に近い出来で、これもこれでなかなか面白い作品でしたね。
近年見られない、伝統的で正統派なアクションゲームとしても、オススメ出来ます!
自分は「フュージョン」から入り、「スーパー」を遊び、そしてこの作品を遊びました。

ただ極めようとすると難しく自分の腕前ではなかなか出来ない場面もありました(´・ω・`)
腕前に自信のあるガチな方も是非どうぞ。

前作「フュージョン」と通信すると、本作内で前作の全てのCGを閲覧出来ます。

シリーズで一番最後の時系列の「フュージョン」だとサムスも変わった印象。

恐らく、平和だった惑星ゼーベスで元気に暮らしていた場面かも。


ネタ画像?「フュージョン」にはベストコンディションのサムスに擬態したX、「SA-X」も登場します。こちらもレビュー出来たらいいですね(´・ω・`)

クリア後遊べるようになる海外版初代には腕前の(´・ω・`)な自分には朗報があり、


スーツ無しサムスが簡単に遊べる「JUSTIN BAILEY」というパスワードがありました。
こちらは単に見た目が変わるのみで性能は同じ。
ぽんぽんぽんぽん(´・ω・`)も一緒w


それでは、メトロイド、オモロイド!(`・ω・´)
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2014/05/30(金) 20:05:23|
  2. 任天堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【2004】GBA「メトロイド ゼロミッション」レビュー・その1


こんばんは(´・ω・`)よこよんです。



今日はゲームボーイアドバンスの「メトロイド ゼロミッション」の日本発売日から丁度10年になるので、レビューと当時の思い出を振り返りたいと思います。

初代「メトロイド」のリメイク作

本作はファミコンで発売された初代メトロイドのリメイク・アレンジ作ということと、本編をクリアすると、その初代メトロイド(海外のNES版)も遊べる、ということで発売日に購入した思い出があります。
まさか自分の誕生日に発売してくれるとは(´・ω・`)さすがにプレゼントではなかったけど

・・・ちなみに初代のメトロイドは未経験なので、アレンジの本編、初代の移植、両方とも楽しみにしていました!
(ゲームキューブでは「メトロイドプライム」に収録されていました)
後にGBAのファミコンミニとしてディスクシステムの国内版が移植されましたがwこれも持ってますw

メトロイド オモロイド・・・あ、これはGB版のCMだわw


本作を改めて説明すると、主人公「サムス・アラン」となり、スペースパイレーツ(宇宙海賊)の本拠地である惑星ゼーベスに潜む「メトロイド」の殲滅と、機械生命体「マザーブレイン」を撃破する「破壊」のミッションと、
マザーブレイン撃破後の惑星ゼーベスから「脱出」のミッションの2部構成です。
んでこのミッション名がZERO MISSIONなんですw
ファーストアタックって書いてあるのに(´・ω・`)


ゼロミッションという名のファーストアタックを開始するサムス姉さんの勇姿。

ゲームをプレイしてみて


本作は前作「フュージョン」製作チームによるものらしく、画面構成なども前作に似ています。
前作経験者ならば、サクサク進めると思いますよ?


適当に進めてみるとこんな感じ。左下のタイムを見るとのんびりですね(´・ω・`)
ステージの雰囲気は初代よりもスーパーファミコンの「スーパーメトロイド」に似た感じがあります。

本編はまた後ほどレビューしたいと思います(´・ω・`)

本編クリア後に遊べるNES版「METROID」

本編をクリアすると初代「メトロイド」が遊べますが、本作は海外のファミコン、NES(Nintendo Entertainment System)で発売された「METROID」を収録しています。
せっかくなのでそのNESのGBASPで撮影



画面や操作感はディスクシステム版やプライム収録版、ファミコンミニ版、各種バーチャルコンソール版とほぼ同じですが、海外向けに英語化されている他、NES本体の仕様上、音楽や効果音が異なるところまで再現していると思われます。


さらに国内版や「ゼルダの伝説(1)」のようなセーブ機能は搭載されずパスワード方式ですが、本作収録版ではパスワードを1つだけセーブ出来ます。


あっやられた!
やられた時の効果音が
「ぽんぽんぽんぽんぽんぽん・・・」
・・・って聴こえるw
なんかショボーン(´・ω・`)しますねw
国内版もやられた時は
「ぽぴょぴょぴょぴょぴょ」
みたいな奇怪な音(?)なのでどっちもどっちですがwww
まぁ、ボスキャラに敗北して「ぽんぽんぽんぽんぽんぽん・・・(´・ω・`)」はとても悔しいですがw

この初代はもちろん、本編の出来もとても良い本作、まだバーチャルコンソールでは配信されていませんが、前作「フュージョン」を遊んだ方はいかがでしょうか?

それでは、メトロイド、オモロイド!(`・ω・´)

(追記:本作はWii Uのバーチャルコンソールで配信中です)

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2014/05/27(火) 19:46:33|
  2. 任天堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【チョロQSTD】ホンダ・NSX-R



こんばんは、よこよんです!

今回はスタンダードチョロQのNSX-Rの紹介です!

HGシリーズ・ホンダ・NSX

まず、HGシリーズで発売されたNSX、他には青、シルバーなどがあり、スーパーチョロQと呼ばれるクリアバージョンもあります。
クリアバージョンは去年紹介したかな。



コインホルダー。


この型のチョロQでは、車体本体とウインドウ部分が別パーツでした。

スタンダードシリーズ・NSX-R


スタンダードチョロQのNSX-R。
ホンダのエンブレムが赤いです。
他にもレーシングタイプがあるのですが、持ってません(´・ω・`)


コインホルダー。


このチョロQの場合、ウインドウは別パーツでは無いのですが、塗り分けされています。


とりあえず比較。




比較すると、スタンダードのNSX-Rの方が良い出来ですね。

次回は何を紹介しようかな(´・ω・`)

それでは、ご機嫌よう(´・ω・`)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/05/24(土) 17:59:53|
  2. チョロQ(スタンダード等)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【バンダイ】バナナロックシード(食玩版)

こんばんは、よこよんです(´・ω・`)



今回は「SGロックシード」のバナナロックシードを振り返ります(´・ω・`)

これは友人が買った物です!

バナナロックシードは仮面ライダーバロン・バナナアームズに変身する際に使用する、ロックシードですね。
仮面ライダー鎧武・バナナアームズとしても使用された事もありますねw

番号は「L.S.-08」。

食玩版のロックシード、ということで、ガシャポン版とは仕様も異なっている商品ですね。

サウンドロックシード・バナナロックシード(食玩版)



同時期に発売されたガシャポン版と異なり、本体下部は削られていません。
(今のガシャポン版の本体下部もどうやら削られてなく、カプセルもテープ止めらしいです)




本体裏側もガシャポン版とは異なり、電池フタが小型化され、電池フタの下にはリセットボタンがありますが、細いモノでないと押せません。


本体内部はガシャポン版のようにクリアではありません(´・ω・`)
ガシャポン版とは最も異なる部分でしょう。


錠前部分はきちんと1パーツになっています。

バナナロックシードといえば、本編でもお馴染み「ナイトオブスピアー!」の音声ですが、これがなかなか良いボイスですw

オリジナルの音声は「貫け!!」でした。

・・・ガシャポン版で使用されたクリアーパーツが無く、雰囲気がかなり異なる食玩版ですが本体下部や錠前部分などの形状は良く、どちらも一長一短でもありますね(´・ω・`)

が、どちらにしても、音声が鳴れば、500円分の価値はあるかと思います!

それでは、ご機嫌よう!(`・ω・´)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/05/18(日) 10:48:17|
  2. バンダイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【チョロQ】ノンステップバス(スタンダード・ミスド)

こんばんは、よこよんです(´・ω・`)

今回はチョロQのノンステップバスの紹介をします。


スタンダードチョロQ No.46 ノンステップバス

都営バスがモデルのようですが、簡略化されたカラーリングです。
これは台湾製の赤箱版です。
ノンステップバス、ということで近代的な印象ですね。
ただ車種は何でしょう?


ボディ後面に関しては塗装すらされていません。なんかさみしいかも(´・ω・`)
ちなみにボディはほぼそのままに白箱版として再販されていますが、持ってません。
搭載エンジンはスタンダードタイプのようです。

ミスタードーナツ・はたらくくるまチョロQ/チュロリーナトナカイーナ バス

ノンステップバスをベースにミスタードーナツのキャラクターのひとつである「チュロリーナトナカイーナ」の仕様です。
商品であるハニーチュロをボディ上部に取り付けています。
フロントガラス部に各キャラクターの顔が描かれているのはミスドの全車では同じですね。


ただボディ後部はオレンジ単色でやはりさみしいです(´・ω・`)
フロントバンパーは白く塗装されていてもリアバンパーは手付かず。

残念ながらこちらのバスは同じくミスタードーナツから発売されていた"ひかるチョロQ"化されていません。

チョロQではご当地などでかなりポピュラーなバスですが、このノンステップバスのご当地はあるのでしょうか?(´・ω・`)

それではご機嫌よう(´・ω・`)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/05/16(金) 21:28:46|
  2. チョロQ(スタンダード等)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【チョロQzero】三菱 デリカスターワゴン4WD(ディテールUP版)


やあ、こんばんは、よこよんです(´・ω・`)

今回は三菱デリカスターワゴン4WDのチョロQzeroを紹介します。

デリカスターワゴン4WD【ディテールUP版】

バンパーが立派ですね。オフロードが得意そうです・・・がチョロQはあくまでおもちゃ、間違っても実際のオフロードで走らせないように(´・ω・`)
ディテールUP版ならではのサイドのラインにも注目。
サイドミラーは好みでどうぞ。


コインホルダー。
そういや三菱ってチョロQzeroでは少ないような・・・?
ともかくゲームの「チョロQ2」の夏の山や「チョロQ3」のジャングルが似合いそうですねw


チョロQzero、取扱店舗が限られていて買えない方もいると思うこの頃。
タムタムやヨドバシカメラ、トイザらスの他に売ってるところってあったかなぁ・・・?(´・ω・`)
とにかく売って欲しいです(´・ω・`)

次回は趣向を変えて他のアイテムを紹介しようと思います。

それでは、ご機嫌よう(`・ω・´)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/05/10(土) 21:27:08|
  2. チョロQ(zeroシリーズ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【チョロQzero】スバル・サンバーバン


こんばんは、よこよんです(´・ω・`)

今日はチョロQzeroのスバル・サンバーバンの紹介です(・ω・)

スバル・サンバーバン ベージュメタリック(通常版)

街中でも良く見かける車種ですね。


後ろは軽自動車ナンバー風にも見えるコインホルダーです。
「Since 1961」とも書いてありますね。

スバル・サンバーバン 赤帽(ディテールUP版)

zeroシリーズでは珍しい働く車。ドアミラーが付属し、任意で取り付ける。


後ろのコインホルダーは黄色のまま。


後ろのタンポ印刷。

感想など

サンバー、本当はシルバーが欲しかった(´・ω・`)でもベージュメタリックも良い出来ですよ。赤帽(ディテールUP)仕様は相変わらず凄い出来。

赤帽サンバーはSTDでトラックで存在していたような気がするけど持ってません。

zeroシリーズ、本当に凄い仕上がりですね~(´・ω・`)


サンバーバンのような車や赤帽は良く見かけると思いますが、こういった身近な車種はチョロQ初心者でも受けが良いかと思います。

それではご機嫌よう(´・ω・`)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/05/03(土) 22:14:36|
  2. チョロQ(zeroシリーズ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。