チョロQ活劇 HG(ハイグレード)

チョロQ(ホビー・ゲーム)/ビデオゲーム/ミニ四駆などをのんびり楽しむブログ・・・リンクはご自由に(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【チョロQ】スーパーメディック救急車

こんばんは、よこよんです(´・ω・`)

突然ですが「スーパーメディック」という救急車をご存知ですか?
自分はチョロQで初めて聞きましたw

今回はそんなスーパーメディック救急車のチョロQの感想です。
前にも同型のミスドの蓄光チョロQで紹介しましたが、今回はスタンダードとミスドのノーマルを加えて紹介します。

スタンダードチョロQ・いすゞ スーパーメディック救急車

調べてみると「高規格救急車」という種類らしい。


この赤箱のスーパーメディックは救急車らしいコインホルダーステッカーで中々良いセンス!
リニューアルされた白箱版は2スピードエンジンでステッカーは文字だけのシンプルなモノとなりました。

ミスタードーナツ はたらくくるまチョロQ フレンチウーラー救急車

ミスドの商品「フレンチクルーラー」のイメージキャラ「フレンチウーラー」をイメージしたスーパーメディック。
色合い的にストロベリーチョコと言ったところか。
天井にフレンチクルーラーも描かれていて、救急車なのにいきなり美味しく見えるぞw

後ろから見れば、割と救急車らしいといえば救急車らしく「SUPER MEDIC」の文字も健在です。

ミスタードーナツ くらやみでひかるチョロQ フレンチウーラー救急車

同じくミスドから発売していた蓄光仕様チョロQのひとつ。
フレンチウーラー救急車の場合はウインドウも水色に塗り分けられ、さらに明るいイメージとなりました。

なんとなくお菓子により近くなった印象ですね。

最後に(´・ω・`)

スーパーメディックのチョロQはミスド版含め少なくとも4種類はあるのでしょうか。(スタンダード白箱版は持ってませんが)

意外に多いスーパーメディックチョロQでした!

それでは、ご機嫌よう!(`・ω・´)
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/06/27(金) 20:54:29|
  2. チョロQ(スタンダード等)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

自動走行AIからの挑戦状?! 早く「Q-eyes」と対決してみたい!

こんばんは、よこよんです(´・ω・`)

タカラトミーのチョロQのサイトが閉鎖されて(´・ω・`)しょんぼりしていた時期から一転し、続々発表されるQ月発売予定のチョロQ(玩具・ホビー)の新シリーズの中でも、自動走行がウリの「Q-eyes(キューアイズ)」が1番楽しみ!


「Q-eyes」はこうやって遊びたい!

基本としては手持ちのチョロQや他のミニカーなどを使って障害物コースを作ってみたり、Qステアハイブリッド!リモコンタイプを使って対決(?)してみたいw

友人達と協力してQステアなど計4台でQ-eyesを停めてみるのも面白そう・・・なんだけど、あの前面のセンサーで華麗に避けられそうな予感w

でも、やはりレースで勝負してみたいですねw
AI側の避ける技術を逆に利用してコーナーでアウト側に誘導すれば勝てるかもw

・・・と早速「VS.Q-eyes」みたいなのを考えているっていいのだろうかw
自動走行AIからの挑戦状と勘違いしている(´・ω・`)

「Q-eyes」、ここは気を付けたい!

充電池(リチウムイオン?)の取り扱いは勿論気を付けたいところですね。
リチウムイオン電池ならハイブリッド!のリモコンタイプの車体にも使われています。

デジQの車体はニカド電池、Qステアの車体は充電池ではなくボタン電池でしたね。

自動走行と言うからには恐らく精密なQ-eyesには、特にフルチャージしたチョロQをぶつけるのはやめた方が良いのかもしれません。
元々チョロQのゼンマイは強いしw
スピードセッティングのチョロQデッキシステムが指に激突したときは意外と痛かったよ!w

最後に(´・ω・`)

ホイールは試作品やイメージ写真によるとQステアの前期?やハイブリッド!のような割とシンプルなホイールを装備しているようです。

出来れば、Qステアの後期あたりに採用されたホイールを採用して欲しいです!w

超ハイテクチョロQ「Q-eyes」、機能は確かに凄いのですが、値段も3000円越えという凄さなので、欲しい人は今から貯金してもいいですね。
勿論自分も貯金だ!(`・ω・´)・・・車種はまだ決めてないけど(´・ω・`)

それでは、ご機嫌よう(`・ω・´)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/06/25(水) 20:44:11|
  2. チョロQ(Q-eyes・Qステア等電動系)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【チョロQzero】トヨタ・プリウス


こんにちは、よこよんです(´・ω・`)

今回は前回のプリウスに続き、トミーテックから発売しているチョロQzeroのプリウスの紹介です。




外箱はいつも通りですが、内側は後に発売されるタクシータイプを考慮しているのが分かります。

チョロQzero・トヨタ プリウス


さすがはトミーテック、値段通りの出来で、エンブレムの細かい塗り分けも再現されています。
薄緑は初代プリウスのチョロQにもありましたね(´・ω・`)



薄紫。今はこの2色の販売です。ちなみにコインホルダーシールは水色で明るい感じですね。

感想など

2代目に比べて格段に完成度が高まった今回の3代目プリウスチョロQ。
過去に発売されたこだわり仕上げチョロQと並べても違和感ありません。

プリウスやキャラバンなど定番の車種もチョロQに、そしてzeroシリーズ初の海外メーカーであるランチア社のチョロQzeroが発売予定で順調ですね!

それでは、ごきげんよう!(`・ω・´)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/06/20(金) 13:40:49|
  2. チョロQ(zeroシリーズ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【チョロQ】プリウス(初代・2代目)


こんにちは、よこよんです(´・ω・`)

トミーテックのチョロQzeroでもプリウスが発売されているので・・・

今回はプリウスのチョロQのうち、タカラ(現・タカラトミー)から発売された初代と2代目のプリウスを振り返ります。
言わずと知れた、トヨタのハイブリッドカーですね。
実車では近年、ニュースやネットでも取り上げられるブレーキ問題も有りながらも定番の人気車種として、チョロQではキチンと発売し、2代目ではミスタードーナツのチョロQのひとつともなっています。

・・・そして3代目がチョロQzeroでも発売されているからやっぱり凄い。

HGシリーズ・トヨタ プリウス

初代プリウスのチョロQ、初代にして近未来なデザインも上手くデフォルメされています。

コインホルダーにはお約束の車名。ボディ後部にも近未来感があります。

ボンネットはクリアパーツになっていて、ハイブリッドエンジンが描かれたステッカーが中に貼っており、ハイブリッドカーである事をアピールしています。


白色だと、ボンネットはクリアパーツでは無く、塗装されています。

その代わり、ブレーキランプが塗り分けています。
他にも紫やタクシーもあるらしいのですが、持っていません。

STDシリーズ・トヨタ プリウス

2代目のプリウスもチョロQ化。低速から高速に変化する「2スピードエンジン」のゼンマイユニットを搭載しています。


ただ、このチョロQは塗装がシンプル過ぎて出来がやや劣ります。
シルバーが塗装されているものの、光に当ててみると、もはや半透明のようなボディです。

ミスタードーナツ・はたらくくるまチョロQ エリマキファッションタクシー

ミスドの商品「オールドファッション」のイメージキャラクター「エリマキファッション」とプリウスのコラボ。

ゼンマイユニットも従来のノーマルエンジンに戻り、トヨタのエンブレムやブレーキランプの塗り分けなど、出来もスタンダードよりも良好ですね。

ミスタードーナツ・くらやみでひかるチョロQ エリマキファッションタクシー

同じくミスドチョロQの蓄光バージョン。前にも紹介しましたが、もう一度。

イエローになり明るい印象になりましたね。

感想など

幼い頃、チョロQを遊んだ自分ですが、このプリウスや前に紹介したファミリア、プレマシーなど、様々なチョロQで遊びました。

特にプリウスはこのほどほどの丸っこさがチョロQらしくてかわいいです(´・ω・`)
しかしよく考えるとハイブリッド車とエリマキトカゲのコラボは物凄いミスマッチだなぁ・・・w

次回はいよいよチョロQzeroのプリウスのレビューの予定です。

最後に、チョロQzeroだけでなく、なんとタカラトミーからチョロQ関連の新製品が今秋発売予定らしいです・・・!

続報を楽しみに待っていますよ。

それでは、ご機嫌よう(`・ω・´)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/06/13(金) 08:12:42|
  2. チョロQ(スタンダード等)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【チョロQSTD】日産・シルビア/S10&S13比較


こんばんは、よこよんです(´・ω・`)

今回はスタンダードチョロQの日産・シルビアのS10とS13を比較してみます。

S10型はチョロQで初めて知りました、というのも、最初は海外の車種かと思いました。

スタンダードチョロQ/日産・シルビア(S13)



有名なシルビアといえばこちらの型やS14型をイメージする方も多いかと思いますね。


チョロQのゲームだけで無く様々なゲームや漫画・アニメにも登場する程の人気ですね。

スタンダードチョロQ/日産・シルビア 1800 LS-X

こちらが問題(?)のS10型。何となく欧米的な雰囲気がある気がします。

最も特徴的なのは後輪部分で、若干隠れています。


後輪を隠すデザインだと個人的に、珍しく感じます。なかなか面白いデザインです。


下から見るとS10型のチョロQは後輪シャフトの幅を狭くして再現しているようです。


事実上、エンジンは専用設計となり他のチョロQのものとは基本、互換性がありません。

感想など

S13型は有名な車種ですが、S10型は本当にチョロQで初めて知りました。

そんなS10型のユニークな外見をチョロQ化するにあたり、後輪シャフト幅を狭くする試みは面白いと思います。

やはりチョロQは今も隠れた名車や知る人ぞ知る名車を選択するのは昔も、そしてzeroシリーズが発売されている今も変わらないようですね。

それでは、ご機嫌よう(´・ω・`)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/06/06(金) 22:36:48|
  2. チョロQ(スタンダード等)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。