チョロQ活劇 HG(ハイグレード)

チョロQ(ホビー・ゲーム)/ビデオゲーム/ミニ四駆などをのんびり楽しむブログ・・・リンクはご自由に(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初めて買ったチョロQ ダットサントラック

こんばんは~よこよんQです~

今日は特別に初めて買ったチョロQについて紹介しようと思います!

かつて発売されたチョロQHG(玩具シリーズ・スタンダードチョロQ系)からダットサンのチョロQで、これは現在のチョロQzeroのダットサンとは異なる世代の車種です。

チョロQHG 日産 ダットサントラック 4WD(ブラック/グリーン 酷使した為詳細不明)

チョロQHG、つまりスタンダードチョロQシリーズのものだと思われますが、10年以上前に買い、遊んでいたためにボロボロな状態です・・・(´・ω・`)
ボンネットには"DIRT"と書かれたステッカーが貼ってあった気がしますが、無くなっています。
カヌーと荷物は健在ですがw


コインホルダーのステッカーも無くなっているほど遊んでいましたね~

良く見ると車体とシャーシの色が異なるのは恐らく元のシャーシが破損し、白いダットサントラックのガンメタ色シャーシを代わりに付けたと思われます(´・ω・`)
その白ダットサントラックも今は行方不明・・・



今の時点ではRSマグナムエンジンとダンロップタイヤが装備されていました。
うーん初期装備のままのような?
それにしてもホイールもボロボロでもう草ヒロ状態です(´・ω・`)



ライト部分はシルバーとなっていますがこれは自分で塗装した部分です。


分解してみると(エンジンは分解してない)意外と部品が多く、ボディだけでもネジが2つ、カヌーと荷物が別パーツとなかなか細かいチョロQですね~

ダットサンチョロQの思い出!

初めて買ったチョロQであるダットサントラック・・・そのきっかけはやはりゲームのチョロQ、初代プレイステーションの「チョロQ」(タムソフトのチョロQ1作目)でしょうね~
当時は子供、ゲームに時間制限があったので、玩具のチョロQが欲しくなり、たまたま置いてあったグリーンが眩しいこのチョロQを買いました!

ゲームにはこのチョロQは居ませんでしたが、「森と泉のコース」や「ビッグドーム」は得意そうだなぁ~とか想像して遊んでいましたねwww

勿論、このチョロQだけでは足りなく感じお小遣いを玩具のチョロQ、ゲームのチョロQとつぎ込んでいた思い出がありますよ(´・ω・`)

んでゲーム「チョロQ」のディスクをCDプレイヤーに入れてそのBGMを聴きながら玩具のチョロQを遊ぶのだw
(※ゲームプログラム用のトラックは再生しないように)
(※音楽CDとして再生する場合は自己責任でお願いします)

とにかく自分のチョロQライフが本格化するきっかけとなるチョロQ、それがこのダットサンなのです(´・ω・`)

皆さんも思い出のチョロQがあれば引っ張りだしてみてはどうでしょうか?

それでは、ごきげんよう(`・ω・´)

スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/05/27(水) 18:25:31|
  2. チョロQ(スタンダード等)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

任天堂 ゲームボーイアドバンスSP(ファミコンカラー)

こんばんは~よこよんQです(´・ω・`)

今回は任天堂の携帯ゲーム機・ゲームボーイアドバンスSPのファミコンカラーを紹介します。

任天堂 ゲームボーイアドバンスSP ファミコンカラー(通常版)


GBAソフト「ファミコンミニ」第一弾と同時に発売されたツートンカラーのGBASP。
ファミコン20周年の非売品とは異なり、こちらの通常版はとてもシンプルに作られているのが特徴です。



外箱はファミコンの「スーパーマリオブラザーズ」のゲーム画面をモチーフにしています。



箱を開けると(というか撮影の為に箱詰めした)、マリオがハンマーに当たっていますが、なぜかハンマーブロスは見つかりませんでした(´・ω・`)
説明書は他のGBASPと同じモノクロ仕様。



外箱底面は地下ステージとなっており、コインも隠されていて芸が細かいです!


続いては本体。白い外装はパールホワイトのものと同じですが、任天堂ロゴがファミコンカラーになっています。



画面(保護プレート)部分の枠がエンジ色になり、コントローラー部分の外装はパールホワイト、ボタンとヒンジカバーがエンジ色。



本体裏部分はエンジ一色になり、ファミコンカラーと名乗っても問題無い仕様となっています。

ファミコンカラーGBASPの思い出!

さてこのGBASPの思い出ですが、まず自分はファミコン世代ではありません。(スーパーファミコンや初代プレイステーションの世代、もっと詳しく言うとPCエンジン世代です)
しかし実家にはPCエンジンもそしてそのファミコンもありましたよ~(´・ω・`)
もちろんPCエンジンもファミコンも楽しんでおりましたよ!

・・・そしてシルバーのGBASPを愛用している時にあの、非売品ファミコンカラーを見て「あああ、超欲っしいィィィ!!!」なんて思いつつも手に入れられずにいた苦い思い出がありました。

当時、非売品の入手は無理でしたが・・・

この画面プレート部分のファミコン感が健在であることからとてもお気に入りの1台です(´・ω・`)
ほら、GBASPのロゴも金色でしょ?

「スーパーマリオ」シリーズや「ファミコンミニ」シリーズと組み合わせるのが吉でしょう。

これまで使っていたシルバーのGBASPはやはり友達との通信プレイや個人での周辺機器の通信で使用していましたね。

あとは充電中の時などでも交代して使っていました。

今ではこの通常版でもちょっとしたプレミア価格になり少しビックリしています。やはり人気のカラーなんですね~(´・ω・`)

皆さんもこのファミコンツートンのGBASP、もし持っていたら"ピコピコ"してはどうでしょうか?

それでは、ごきげんよう(`・ω・´)


テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/05/25(月) 00:19:52|
  2. 任天堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スタンダードチョロQ・Honda NSX CONCEPT

こんばんは~よこよんQです(´・ω・`)

スタンダードチョロQの新車種、NSXコンセプトを買いました~(´・ω・`)

スタンダードチョロQ Honda NSX CONCEPT


NSX・・・?と少し疑ってしまいましたが(残念ながらクルマは詳しくない)、ホンダのエンブレムがしっかりと刻まれています。なおこのチョロQのホイールベースは従来のNSXのように長めとなっています。


これもまた新色発売の予定もあり、ようやくスタンダードチョロQも復活したなぁと実感。

このNSXコンセプトのような新しい車種はスタンダードチョロQ、往年の車種はチョロQzero、と住み分けされている傾向ですね。

感想

全体の感想は良くも悪くもスタンダードチョロQという印象で、このチョロQの塗装は手持ちのハスラーに比べると少しだけ質が劣る感じでしたが、ロットによっては個体差はあるかと思います。

ただトミーテック製・チョロQzeroと異なり箱の中が見える訳でも無いので気にしても仕方がないね(zeroと違いオモチャだもん)!

この個体は普通に塗装はされているので特に不満はありませんよ~(´・ω・`)

それでは、ご機嫌よう~(`・ω・´)ノシ

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/05/17(日) 23:18:13|
  2. チョロQ(スタンダード等)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

任天堂・ゲームボーイアドバンスSP(プラチナシルバー)

こんばんは~よこよんQです!

今回はかつて任天堂から発売された携帯ゲーム機、ゲームボーイアドバンスの上位機種・ゲームボーイアドバンスSP(エスピー)の紹介です!

任天堂 ゲームボーイアドバンスSP プラチナシルバー(Nintendo Gameboy Advance SP Platinum Silver)



通常ゲームボーイアドバンス(以下、GBA)から様々な変更点があり"SP"と付けられたこの本体は外箱からしてもコンパクトになりました。
GBAがどのように"スペシャル"化されたのか見てみましょう。



GBAの利点をほぼ受け継ぎ、とても遊びやすくなったことをアピールしています。



説明書は何故かモノクロになりました。
まあ、説明書なんてモノクロでもいいのかもしれないね(´・ω・`)



外箱にはポケットにも入るコンパクトサイズと書いてあるものの、これまでのゲームボーイシリーズ同様ズボンのポケットには入れてはいけないので注意しましょう。
今時の端末ならiPhone6などのスマートフォンをズボンのポケットに入れると曲がってしまい故障の原因になりますよねw



本体画面裏部分は"Nintendo"のロゴだけとシンプルな外見となりました。
カートリッジ差し込み口が手前側に変更され、これにより「コロコロカービィ」などの一部のソフトは正常に動作しません。



当時の携帯電話(ガラケーまたはフィーチャーフォン)のような折り畳み形状で、開けるとボタン類などゲームボーイ風の外観になります。画面部分が窪んだ構造になっていて傷が付きにくいのも特徴ですね。



GBASPの目玉とも言えるフロントライト搭載の画面は画面下の照明ボタンでONとOFFの切り替えが可能です。



そしてもうひとつの目玉とも言うべき裏面、ここのフタを開けると・・・



専用のリチウムイオン充電池が搭載され、付属のACアダプターで充電出来ます。
つまり乾電池を買う手間が無くなりましたね。



通信ケーブルは従来同様のものが使えますが、イヤホンジャックが無くなり充電用の端子と共用となりました。
これにより当時は変換コネクタが発売されていました。

GBASPの思い出

さて前に触れた通り、当時はGBASPをTVCMで初めて見たとき、とってもカッコよく感じました!

友達や知り合いに少しやらせてもらった時の色がまさにこのシルバーであり、ますます欲しくなりました!

乾電池要らず、画面も見やすい、そしてコンパクトという、便利さに惹かれ購入しました!

ああ、マリオもマリカーもF-ZEROもなんてやりやすいんだろう・・・(´・ω・`)状態になっていたねw

ただ利点ばかりではなく残念ながら欠点もある訳で、折り畳み形状故に少し持ちづらく、イヤホンジャックが無くイヤホン使用の際は変換コネクタが必要です。


旧GBA同様、従来のGB/GBCカートリッジは差し込んでもハミ出てしまいますが、GBASPは手前側にあるので比較的事故りやすい気がします(´・ω・`)

「ポーズしようかな・・・あっ・・・!ゲームが・・・」(カートリッジに手とか物とかぶつけた)

とはいえ当時としては画面も見やすく、充電池が搭載され、コンパクトになり、そして従来通りほぼ全てのGBシリーズが遊べたりと、かなり扱いやすいゲームボーイであり、事実、欧米やアジアなどの海外ではバックライト版も発売されていました。

しかしバックライト版GBASPは我が国、日本では発売されず・・・(´・ω・`)
輸入してみようかね・・・

国内のフロントライト版だけでも様々な限定版が発売され、レギュラーカラーとして追加されたGBASPのファミコンカラーも購入し、とてもお気に入りのハードです!
(限定版のファミコンカラーGBASPと異なるシンプルなデザイン)

さらにGBAはゲームボーイミクロというさらに小型化されたモデルがあります。

後ほどGBASPファミコンカラーやGBミクロもレビューしたいと思います。

皆さんもたまには素敵なゲームボーイライフを?

それでは、ごきげんよう!


テーマ:任天堂 - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/05/10(日) 23:15:18|
  2. 任天堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スタンダードチョロQ(赤箱)トヨタ・ハイエース

こんばんは、よこよんQです。

ゴールデンウイーク、皆さんは元気お過ごしですか?

大型連休とも言われますね~(´・ω・`)

自分は友人とWiiUのスマブラやマリカー8を遊んだりしていましたよ!

ゲームももちろん楽しいですが、絶賛発売中のおもちゃ、スタンダードチョロQのトヨタ・ハイエースのブラックですが、そんなハイエースチョロQの復活記念(?)に、今回はかつて発売されたシルバーの同車種を振り返りたいと思います。

スタンダードチョロQ/トヨタ・ハイエース(シルバー) STD No.79



赤い箱に収められた銀色のハイエース。この時は台湾製でした!
後にスローエンジンなどを搭載された白箱バージョンにマイナーチェンジされました。



本当に良く見かける車種ですが、チョロQの場合でも四角いフォルムは健在です。



コインホルダーは実車の車名ロゴですが白箱以降はロゴではなく普通に車名が書かれているデザインになってましたね。

・・・現在のスタンダードチョロQにもハイエースが再登場したのは、チョロQzeroの350キャラバンに対抗しているつもりかも・・・?

とにかくトミーテックに負けずにタカラトミーも頑張ってチョロQ製作をしているのは確かではありますね!

それでは、ごきげんよう!

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/05/04(月) 21:02:15|
  2. チョロQ(スタンダード等)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

任天堂・ゲームボーイアドバンス(ブラック)

やあ、よこよんQです(´・ω・`)


  前回のゲームボーイアドバンスのミルキーブルー本体の続きということで、今回はブラック本体についての感想と思い出を述べたいと思います。


    任天堂 ゲームボーイアドバンス・ブラック(Nintendo Gameboy Advance Black) かつて壊してしまったGBA本体の代わりとして買ったGBA本体はブラックを選びました。 オレンジと共に新色として追加され、「スーパーマリオアドバンス2」などのCMでも紹介された記憶がありますが、目立っていたのはオレンジだったような気がします。

  外箱は光沢仕様ではなくなりました。

  説明書も表紙が異なり、紺の単色印刷となりました。

  裏もよく見ると色名の書かれた部分が「GBA」と修正されています。

  さて、この黒いGBAの思い出ですが、前回は画面(のプレート)をボロボロにしていたので、このGBAでは保護フィルムを貼っています。 いわゆるアンチグレアフィルムですね 。 

ブラックの本体は中々落ち着いた感じで液晶画面部分とは一体感もあります。 壊さないように、数年ある程度大切にしていながら、数年後、同色のジャンク品で外装交換でまた、シリアル違いとなってしまいましたが、フィルム付きのこの画面と中身の基盤は健在です。

 外装を除けば比較的良品でした。 電池もなるべく100均を使わないようにしていましたよ。 ・・・が1年くらい後、TVから衝撃的なCMが!

・・・ 何だかカッコよく登場するCMが印象的な「ゲームボーイアドバンスSP」である! GBASPはすぐに買えなかったこともありこのGBAもしばらく使い、この後GBASPを買っていても、カードeリーダー+という周辺機器や、1カートリッジプレイ対応ソフトで色々遊んだりと、通信機能を中心に役立ってくれました。

    専用のニッケル水素充電池も使え、この電池はゲームキューブの純正無線コントローラー「ウェーブバード」にも流用出来ます。 

当時は他社のニッケル水素電池を使用していましたが。


  最後に 

さてGBASPはフロントライト搭載、リチウムイオン電池搭載と、いよいよ今時のゲーム機に近づいた名ハードですが、 この旧式のゲーム機は駄目かというと、自分は全然そうは思いません。 このGBAは「どうやって光を確保するか?」とか「どんな電源を使うか?」とかゲームを始まる前から環境的な攻略(?)が必要です。 


光の確保は太陽光ならばとても遊びやすい(実際、カートリッジに太陽光を取り入れて遊ぶソフトも存在した)し、蛍光灯ならば少し疲れる気がするし、他社のライト付きの周辺機器(ライトボーイなど)だと使いづらいが布団の中で遊べるし・・・

どんな電源を選ぶかは、家の中は出来るだけACアダプタを使い、外だけ乾電池や専用充電池を使うなど、電源の工夫もあり、旧式ならではの楽しみも確かにありました!

自分の場合は「ふむふむ、GBASPが発売されたか・・・すぐには買えないし、しばらくは自分のGBAでそのSPとやらに少しでも近くしてみるか」とかしてましたねw ライトなんかは暗い時だけLEDワームライト?みたいなのを付けるけど明るい場合は邪魔だから取り外すとか、電池は他社の充電池でとりあえずは解決だし、GBASPに追いつける訳が無いと知りつつも色々と試行錯誤している間にGBASPが買える時期が来たりと何だかゲームの環境そのものも楽しかったです・・・w


 ちなみに旧GBA用、非ライセンスのフロントライト部品の存在を知ったのはGBASPを買った後のことでした・・・。 


そういえばGBAはカラーバリエーションが豊富で友達はどんな色を持っているのかな?とちょっとだけ気になったりしましたw みなさんは何色でしょうか?バイオレット?オレンジ?それともゴールド? 


そんなカラフルなGBA、もしお持ちでしたら動かしてみてはどうでしょうか? それでは、ごきげんよう!

テーマ:任天堂 - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/05/02(土) 18:47:03|
  2. 任天堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。