チョロQ活劇(旧)

チョロQ(ホビー・ゲーム)/ビデオゲーム/ミニ四駆などをのんびり楽しむブログ・・・リンクはご自由に(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【チョロQ】 マツダ・ファミリア Sワゴン



こんばんは~よこよんQです(´・ω・`)

今回は、ちょこんと乗ったボックスがかわいい、ファミリアのチョロQの紹介だよ~



STD(スタンダード)チョロQの車種のひとつとして発売されたファミリア。



コインホルダーラベルは銀色。エンジン(ゼンマイ)の色が赤黄のいわゆるパンサー・エンジン。



上に取り付けてあるボックスがかわいい(´・ω・`)
しかも開閉ギミック付きw



偶然ダブってしまったけど、色合いが違う。



トレーディングチョロQ版はボディが黄色、ボックスが赤色。



エンジンの色が黄赤からグレーに変わっている。パンサーと同様のいわゆるスタンダードエンジン。



香港?限定の白いファミリア。TVBと言うらしい。
なぜか近所のリサイクルショップで売っていたw
最初は西武の限定チョロQかと



エンジンはグレーのスタンダードエンジンと同様。
コインホルダーやボックスにもTVBのステッカー。

とにかくよく分からない白いファミリアです(´・ω・`)



とにかく、ボックスを載せてるのがかわいいファミリアでした。

いずれも生産は台湾でした。
関連記事

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/03/01(土) 22:01:10|
  2. チョロQ(スタンダード等)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<【腕時計】チョロQのデジアナメーター気分!? | ホーム | 【PS3】SIXAXIS サテン・シルバー>>

コメント

No title

チョロQらしい雰囲気で可愛いですよね
ウチにも1台赤いのが居ますがお気に入りです
ルーフのボックスが似合う実車は結構ありますが
装着してるチョロQは後にも先にもこの1台しかないという、笑
  1. 2014/03/02(日) 20:28:31 |
  2. URL |
  3. ヴィヴィオ #-
  4. [ 編集]

Re: No title

>ヴィヴィオさん

ボックスが装着されたチョロQはこれだけなんですね・・・。
「チョロQ大図鑑」によると、サーフボードを装着していたり、珍しい例ででレーシングカートなんてものを装着しているチョロQもあるようですw
  1. 2014/03/04(火) 01:17:31 |
  2. URL |
  3. よこよんQ(ヨコヨンク) #-
  4. [ 編集]

BJファミリア

こんばんは。
アクセラの1つ手前、ファミリアとしては最終型となるBJ系ワゴンですね。
NHK・プロジェクトXのロータリーエンジン編エンディングで、マツダ本社の敷地内を歩く山本 健一元社長(ロータリーエンジン設計統括者)の背後にセダンがひっそりと登場していました。
屋根のボックスが、「HG2」「HG3」の広告看板を思わせます。

年代としては、ちょうどクロノスシリーズの販売不振による「火の車」を一撃で粉砕した白馬の騎士、デミオと同時期にあたります。先代のBH系は、セダンは一定の売り上げを記録したものの、「NEO」はスタイルのうねりの強さがあだとなり、クロノスシリーズとほぼ同じ轍を踏んでしまいました。
この当時の社長は元通産省・古田 徳昌(ふるた のりまさ)氏、後任の元住友銀行・和田 淑弘(わだ としひろ)氏のご両氏で、いずれもマツダにとって松田家一族でも社の幹部クラスでもない、外部組織から着任した人々でした。
彼らご両氏による、異常なまでに海外を意識した極端な販売店5チャンネル政策が、例の「火の車」を生んだとされています。
畑の違うお役人と銀行マンでは、マツダというメーカーや、車作りのいろはが理解できていなかったのかもしれません。
労働環境も劣悪化し、社内はまさに無法者の縄張りのようなありさまになっていたとも聞きました。

フォードグループ入り後、同社から出向したヘンリー・ウォレス氏ら4代にわたるフォード出身社長の手で、マツダはじょじょに輝きを取り戻し始めました。BJファミリアは、2代目のジェームズ・ミラー氏の在任中(1998年)に登場し、3代目のマーク・フィールズ氏、末代のルイス・ブース氏を経て、山本氏から数え6代ぶりの幹部出身・井巻 久一(いまき ひさかず)氏着任までの6年間にわたり生産・販売が続けられました。セダンは2003年をもってアクセラへの移行モデルチェンジで生産終了となりましたが、このワゴンは2004年まで在庫整理のために現品限りでの販売継続となりました。

自分はファミリアとして個人的にベストなモデルは、このBJ系、BF系後期、BG系前期だと思っております。自分はかのF31レパードに始まる、各メーカーの自分と生まれ年が近いかほぼ同じの車が好きで、BF系後期とBG系前期もちょうどこの時期にあたります。この時期は各社とも本当の意味で、現在の居住性や使い勝手を一辺倒に意識した車たちとは違う、愛すべきデザインの車が多くを占めていました。

白いファミリアは、描かれている文字(「TVB」「無線新聞 事事関心」)から台湾のテレビ局の車ではないかと思われます。
("無線新聞"はテレビ放送の意味だと思います。)
  1. 2014/03/18(火) 17:05:02 |
  2. URL |
  3. チョロQヴィンテージNEO #SFo5/nok
  4. [ 編集]

Re: BJファミリア

とても詳しく解説していただきありがとうございます(´・ω・`)

自動車業界はあまり詳しくはないのでとても勉強になります。

自分の場合、チョロQはそれなりの知識はあっても、自動車は全然詳しくない変わり者なので・・・。

マツダのチョロQはプレマシーを一般タイプとタクシータイプの2種類持ってます。同社のデミオは見つけられずに持ってません。
  1. 2014/03/21(金) 20:12:33 |
  2. URL |
  3. よこよんQ(ヨコヨンク) #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yokofourwheels.blog39.fc2.com/tb.php/58-82c94c81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。