チョロQ活劇(旧)

チョロQ(ホビー・ゲーム)/ビデオゲーム/ミニ四駆などをのんびり楽しむブログ・・・リンクはご自由に(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【チョロQSTD】ホンダ・NSX-R



こんばんは、よこよんです!

今回はスタンダードチョロQのNSX-Rの紹介です!

HGシリーズ・ホンダ・NSX

まず、HGシリーズで発売されたNSX、他には青、シルバーなどがあり、スーパーチョロQと呼ばれるクリアバージョンもあります。
クリアバージョンは去年紹介したかな。



コインホルダー。


この型のチョロQでは、車体本体とウインドウ部分が別パーツでした。

スタンダードシリーズ・NSX-R


スタンダードチョロQのNSX-R。
ホンダのエンブレムが赤いです。
他にもレーシングタイプがあるのですが、持ってません(´・ω・`)


コインホルダー。


このチョロQの場合、ウインドウは別パーツでは無いのですが、塗り分けされています。


とりあえず比較。




比較すると、スタンダードのNSX-Rの方が良い出来ですね。

次回は何を紹介しようかな(´・ω・`)

それでは、ご機嫌よう(´・ω・`)
関連記事

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/05/24(土) 17:59:53|
  2. チョロQ(スタンダード等)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【2004】GBA「メトロイド ゼロミッション」レビュー・その1 | ホーム | 【バンダイ】バナナロックシード(食玩版)>>

コメント

タイヤの処理

こんばんは。
すでにブランドが消滅したものも含め、スタンダード・HG・Zeroと3タイプが存在するチョロQですが、それぞれ出来不出来なところがあるようです。特にこのNSXでわかるように、本家筋のスタンダード/HGがこの具合ですと、やはりZeroはそれらにある可動ギミックなどを犠牲にしつつ、「原点回帰」というコンセプトのもと、一番実車の特徴をとらえているように個人的には思います。


先日、日産シルビア史上最悪の不人気車として知られる2代目・S10シルビア(スタンダード)のチョロQをネット上で見ました。
一部ハンドメイドによる、日本的な美しい直線基調の先代とは真逆に、文化のまるで異なる欧米諸国をターゲットにした曲線基調のスタイリングが、国内で不評を買ったモデルです。
ただそれだけならなんともないのですが、チョロQにおけるこのS10シルビアは通常のチョロQとは違った趣きを持っています。

それはゼンマイ動力を発する後輪タイヤにあります。
実車のS10シルビアの後輪は、前輪にくらべてフェンダーのカットが小さく外板が外側にふくらんでおり、タイヤの上部がタイヤハウス内に隠れる構造になっています。チョロQはご存じのように、通常は大きな後輪タイヤがむき出しになっているので、現車をそのままチョロQ化するとその巨大な後輪にスペースを奪われ、せっかくの優雅なクーペボディーを、チョロQ独特の避けられぬ宿命の犠牲にしてしまいかねません。

そこで、実車のイメージを守るために車軸を通常より短くし、さらにタイヤの幅を縮めることで後輪をタイヤハウス内に収める処置が取られました。この処置には賛否があり、スタイルを壊さずリアルで素晴らしいという意見、後輪の幅が異様に縮んだことでエラー品のようだという意見でまっぷたつです。自分は実車のスタイルを重視したいので、付くとすれば迷いなく前者の側です。



他にこの処置がなされるべき車が、三菱車のみですが以下の車種が挙げられます。



ギャラン∑(初代、2代目、3代目)
エテルナΣ(初代、2代目、3代目)
デボネア(初代、2代目)
ランサー(2代目フィオーレ)
ミラージュ(2代目)
コルディア
トレディア



これらの車はいずれも後輪のフェンダーカットが小さく直角的で、ギャランVR-4デビュー前の80年代前期~中期の三菱乗用車ほぼ全車に共通した仕様(ランサーEXをのぞく)です。上記の処理を施すには、まさにうってつけではないでしょうか。ただし初代デボネアは4輪すべてこの仕様なので、前輪にもこの処理を施すべきなのか悩ましいところです。
  1. 2014/05/26(月) 00:50:02 |
  2. URL |
  3. チョロQヴィンテージNEO #SFo5/nok
  4. [ 編集]

Re: タイヤの処理

S10シルビアのチョロQ、持ってますよ!
後輪部分の個性が面白いですよね!

実車では不人気でしたか・・・。確かにこのチョロQを初めてみたとき「本当にシルビア?」と思っていましたが、これもこれでかっこいいですね。
確かに後輪の車軸は短いですが、タイヤの幅はそのままです。
自分もこの方法は素晴らしいとおもいますよ。

チョロQ化で変わった手法は、STDシリーズの「Smart」では、後輪のタイヤを前輪と同じ小タイヤに統一しています。同じくSTDシリーズの「ロードローラー」は前輪が丸ごとローラーになっていたりと、様々な手法で上手くチョロQ化されていますね。

機会があればこれらも紹介したいと思います。
  1. 2014/05/27(火) 20:17:31 |
  2. URL |
  3. よこよんQ(ヨコヨンク) #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yokofourwheels.blog39.fc2.com/tb.php/75-25174bca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。