チョロQ活劇 HG(ハイグレード)

チョロQ(ホビー・ゲーム)/ビデオゲーム/ミニ四駆などをのんびり楽しむブログ・・・リンクはご自由に(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アバンテJr.(タイプ2シャーシ)

こんにちは、こんばんは、ヨコ四駆です!

今回はアバンテJr.とタイプ2シャーシを作ってみました!

ただしキットではなくいろいろ集めてなんとか復元?したものですが・・・

自分より前の世代のマシンを組み立てたので少し緊張したりして(´・ω・`;)

レーサーミニ四駆 アバンテJr.(タイプ2シャーシ)


初のロングホイールベースのシャーシも合わさってなかなかカッコ良いですね~



ボディサイドのバッテリーを隠す部分を黒く塗り分けるとシュッとしますよ。



リヤウイングは勿論、ボディキャッチ(当時は別の呼び方があったらしい)がエンジンとマフラーを兼ねた見た目のようでカッコいいです!



"Being nuts is NEAT!"
アバンテ名物(?)のリヤウイング!
NEETではなくNEATと書いてあるのが妙に印象深いのですw

おかげでついついニートと呼んでしまう



タイプ2シャーシは今のシャーシとほぼ同じ感覚で組み立てることが出来ました。
登場時は無名の新型シャーシだったらしいですね~

ロングホイールベースなのでTZ系の先輩かな?

昔と言っても、立派なミニ四駆なんですね~

アバンテJr.の感想

今回組み立ててみて、やはりシンプルながらもカッコいいマシンだなあ、と思いました。

元がRCなので、"RCのスケールダウンモデル"を作っている感覚でしたね~

バギーとフォーミュラーマシンの良いとこ取りのバランスの良いボディ、サイドのインテークなど原点を感じられます!

ウイングも良い意味でアクセントになっていると思いますしwニートだからじゃないよ

ホイールも左右の向きがありますが、特徴的な形で面白いですね。




エアロアバンテやアバンテMk.iiiなど様々なシリーズが登場していますが、やっぱりアバンテJr.が良い!という意見もあり、GUPで発売される程の人気が伺えますね~

もしキットが再販された場合、組み立ててみてはどうでしょうか?(再販されるか分かりませんし、GUPで作れば良いとも言えますが)

それでは、ごきけんよう!(`・ω・´)

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/02/28(日) 19:18:01|
  2. レーサーミニ四駆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レーサーミニ四駆の「アバンテJr.」を作りたい!

こんにちは、こんばんは、ヨコ四駆です!

突然ですが、レーサーミニ四駆の「アバンテJr.(ジュニア)」って何でしょうか?

(この前GUPのボディを組み立てたのにこう言うのもヘンですが)

自分は所謂"フルカウル世代"ですが、今度はシャーシ含め組み立ててみます。

本家RCカーの「アバンテ4WD(タミヤ公式動画)」を上手くスケールダウン化され、一番売れたミニ四駆という名誉を持つマシン・・・

噂によると当時、改造した従来のシャーシのマシンが、ノーマルながら新型シャーシ(後のタイプ2シャーシ)を纏ったアバンテJr.に勝てなかった!という伝説まであるようです。

数年前はスポット再販されていたようですが、現在は残念ながら販売されていません(´・ω・`)



GUPでボディパーツはありますが、今回はさらに塗り分けてみたいですね~

(どのみち作るのはGUP同様"復刻版"ですが)

アバンテJr.を復元(?)するキッカケ



タミヤプラモデルファクトリー新橋店に「タイプ2シャーシ」がバラ売りされていたので「あ、コレで作れるかもw」と思いました。

(後日行ってみたら売り切れていました・・・買った時は3セットぐらいあったんですが)



他にスモークキャノピーじゃないボディも売っていたのでついでに購入。「アバンテRS」と書かれていますね。



良く見るとGUPの方が色が濃いですね~

これに加えて、

●ホイールは「ミニ四駆・パンダバージョン」から流用

●大径スリックタイヤはブラックに変更(パンダは何故かブルー)

●金具は「ゴールドターミナルB」やTZ系などのキットから

●ペラシャ、クラウンギアはAOパーツかFM系シャーシのキットから

●ステッカーはGUPのスモークキャノピーに付属する復刻版ステッカー



●その他ギアなどはタミヤ公式サイトなど参考にし手持ちのパーツで代用

と揃えれば走らせられるくらいの復元が出来そうです。



今回はボディ全体はメタリックブルーに塗装したあとに、キャノピー部分、ボディサイド部分、サスペンションモールド部分、ボディ後部をブラックに塗装しました。

サスモールドはその後にゴールド、シルバーのペンで仕上げました。

マスキングは大変ですがワクワクするところですね~

というかこの時点でカッコいいですね!

次回は完成した「アバンテJr.」とタイプ2シャーシの感想を述べたいと思います。

それではごきけんよう!(`・ω・´)

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/02/27(土) 13:02:24|
  2. レーサーミニ四駆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハッピーセット版チョロQについて

こんばんは、よこよんQです。

今回はチョロQ初のマクドナルド・ハッピーセット版についての感想です。



チョロQシリーズとしては少し大きめなサイズとなりますが、キチンとチョロQらしさは健在。

シール(ステッカー)はユーザーが自分で貼ることになり、付属の図の通りに貼ったり、好きなように貼ったり、別のシールを使ったりと自由度は"意外に高い"のです。



一般のチョロQと比べて、やはり大きいですね。

現在のスタンダードチョロQは6才以上対象なのでそれ未満のお子様にも扱える設計にしていると思われます。

走りはゆっくりと真っ直ぐ走ります。

これはボディやシャーシなどがとても頑丈に作ってあるのでチョロQとしてはすこし重いですね(玩具としては軽いですが)。



シャーシ裏を確認、あくまでマクドナルドなので特殊ネジを採用し、分解防止、誤飲防止という効果が得られます。



今回のチョロQはマクドナルド関連がテーマとなっており、各種商品や店舗などがチョロQになっているのが特徴です。

ちなみにハッピーセットに年齢制限は無く、大人でも買えますよー(´・ω・`)

ハッピーセット版の感想

まずはハッピーセットという知名度の高さからとても敷居が低く、誰でも手に取れるチャンス、と感じましたね。

現在、チョロQを取り扱う店舗が減っています。

これは、トミカと違いスタンダードチョロQですら"模型"としてカテゴリされ、"玩具"として置かれないと思われます。

そのためにデパートなどよりも模型店に置かれる事が多いような気がします(少なくとも自分の周りの店舗では)

実は数年前にもミスタードーナツとのコラボでチョロQが単品で300円(キッズセット販売もあり)で販売していましたが、こちらはスタンダードチョロQを改修されたものでした。

今回のチョロQは全て新金型で制作されています。

ハッピーセットの玩具はあくまで食品付属の"玩具"として制作されるため、今回はコスト削減や安全性を考慮されている事が感じられます。

値段もスタンダードチョロQ単体よりも安く抑える事が出来るのもハッピーセットの強みでしょう。

それと同時に、30年以上の歴史を持つチョロQなので、久しぶりに触れる一般のユーザーにも問題無く遊んでもらえるチャンスでしょう。

一般のユーザーは"リアルさ"よりも"引いて走る"ことがチョロQなのでこういった原点回帰とも言える商品はあっても良いと思います。

一応、誰でも買えるハッピーセット版チョロQ、買ってみてはどうでしょうか?

それでは、ご機嫌よう!(`・ω・´)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/02/21(日) 15:34:20|
  2. チョロQ(コラム・その他シリーズ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「エアロアバンテ」のボディを塗装

こんばんは~ヨコ四駆です(´・ω・`)

"エロンテ"こと、ミニ四駆REVのエアロアバンテ、実車化もされた事もあり、今でも様々な限定キットが発売してますね~

今回は通常のエアロアバンテのボディの塗装をしてみました!

エアロアバンテは既に買いましたが、ボディが1つ余っているので今度は塗装してみます。
(通常版とスターターパックを所持)

塗装自体はすこし前にしましたが他のマシンのレビューで紹介が遅れました(´・ω・`)



レブチューン2モーターなどが同梱されている「ARスピードタイプ」というスターターパックにエアロアバンテ(ブルー)のボディとステッカーが付属しています。



ちなみに塗装せずに組み立てたのはこちら、ステッカーが大部分を占めるため、そこまで気になるものでもありません。



塗装したボディがこちら、指定色ではなく「メタリックブルー」で塗装し、ステッカーを貼りました。



ボディは勿論、スターターパック付属のローラーやホイールなどが青系統の配色がなされさらにクールな雰囲気のマシン。
でも愛称はエロンテ



(モーターは取り外しています)

そこまで変わる訳ではありませんが、カッコ良く仕上がりました。

塗装はそこまで上手くはないですが、個人的には満足です。

形はガラリと変わってもやはりアバンテなのでカッコいいですね~

エロンテは従来のシリーズよりもさらにシュッとしたF1風の外見ですが、キャノピーが付いていて、実際のF1によく付いているスポンサーのステッカーが無いのでなぜか任天堂のゲーム「F-ZERO」っぽい雰囲気もちょっとだけ感じる気がします(勿論エフゼロはタイヤ無しのホバーマシンですが)。

このエロンテ、どうやらミニ四駆ファンには賛否両論のようですが、自分は好きですよ~
ハリケーンソニックプレミアムがメインのミニ四駆ですが、たまにはこのマシンも走らせたくなりますね。

それでは、ご機嫌よう!(`・ω・´)

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/02/19(金) 15:46:36|
  2. ミニ四駆PRO/REV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダッシュ4号・弾丸(キャノンボール) プレミアム(スーパー2シャーシ)

こんばんは~ヨコ四駆です(´・ω・`)

今回は再び自分達の世代前のマシンを組み立ててみました!

オリジナルデザインのレーサーミニ四駆が活躍する「ダッシュ!四駆郎」からの特別限定モデルです!

ダッシュ4号・弾丸(キャノンボール)プレミアム


現在の主流のひとつであるスーパー2シャーシを採用し、大径スリックタイヤにメッキホイールが標準装備、そしてエンペラーシリーズ(スーパー2シャーシ)のプレミアム版でお馴染みのワンロックギヤカバーも付属しています。



キャンディーライムグリーンが指示してあったので塗装してみました!かなりアメリカンでカッコ良いですね~

グリーンじゃなくても黒くしてファイアーパターンにしても違和感無さそう!

両軸モーターマシンのアメ車が「アビリスタ(MAシャーシ)」なら、方軸モーターマシンのアメ車はこの「キャノンボールプレミアム」でしょうか・・・!



リア部分、是非マスキングして塗り分けしたい部分ですね。

撮影の時には付けていませんが、キチンとリヤステーは付属していますw

弾丸(キャノンボール)プレミアムの感想

・・・原作見ずにキャノンボールを組み立ててみましたが、やはり原作を読んでみたいです。(レッツ&ゴー世代です)

四駆郎にしてもレッツ&ゴーにしても原作を全く読んでなくてもミニ四駆は充分に楽しめますが

このキャノンボールはなんだかコンデンサーを積んで活躍したらしいので気になるのです(´・ω・`)

キットとしてはガンメタのスーパー2シャーシや、メッキホイールもカッコ良く、個性色の強いボディを引き締める役割もあるのかと思います。

そして指定のタミヤカラー、「キャンディーライムグリーン」は明るく個性的で塗装して良かったです!

このカラーはストラトス似のスパークルージュにも塗装してみたくなりますね。

マグナムセイバー/ソニックセイバーにも塗装して"セイバー600"カラーにも出来そうw

キャノンボール専用とは言わず、様々なアイデアで使ってみたいカラーだと思いますね。

それでは、ご機嫌よう!(`・ω・´)

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/02/11(木) 17:36:35|
  2. レーサーミニ四駆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。